オフパコ関連記事

ニート娘をPCMAXで見つけてワンナイトからセフレに持ち込んだオフパコ体験談

投稿日:

オフパコしたい男子必見のオフパコ体験談をご紹介します。

使用したのはPCMAXで、ニートの女の子を上手くセフレにしてオフパコしたという羨ましい体験談です。

>>>オフパコにおすすめのアプリはこちら<<<

 

PCMAXでオフパコ!ニート娘をセックスフレンドに!

こんにちは。私は28歳のサラリーマンです。今、私が夢中になってハマっているのが、出会い系サイトのPCMAXでセフレをゲットすることです。

私、つい最近まで出会い系でタダで女とやれるということを知らなくて、風俗とかキャバクラで結構お金使ってました。

でも、PCMAXなら頑張ればやれる女見つけられるし、外で飯食っておしゃべりする程度なら、女性はいくらでも捕まえられます。

SNSでのオフパコなんかより、はるかに簡単に女性をゲットできます。

この現実を知ってから、自分は出会い系にドハマリしてしまいました。

結婚したら嫁さんの目を気にしないといけなくなるので、独身の今のうちに思いっきり遊びまくってやる!という気持ちで今は女性達と遊んでいます。

今回は、最近出会った元フリーターで現在ニートの可愛い女の子を口説いて、セフレにした体験談を語ってみたいと思います。

ニート娘、あかねをPCMAXで発見して口説く

PCMAXで女性を探す方法としては、プロフィール検索とか掲示板検索とか色々あるんですけど、私は割と日記を重視しています。

ランダムに女性の日記を読んでみたり、セフレとか特定のキーワードで日記検索してみたりして、女性を探しています。

そのニートの女性、あかねもたまたま日記を読んでいて、なんだかいけそう、っていう感じだったので、メールを送ってみました。そしたらすんなりと乗ってきたので、お酒を飲ませていい雰囲気にして、そのままワンナイトの関係に持ち込んでいきました。

日記では、あかねは現在ニートで実家でぶらぶらしているのですが、そのことを両親に責められ「早く働きなさい、いつまでぶらぶらしているの!」としょっちゅう怒られているようでした。

そのことが相当ストレスになっているようで、あかねは日記に怒りをぶちまけていました。

これを読んで私は考えました。

私があかねの相談相手になってあげよう。そして、思わず惚れさせてセフレにしてしまおう。

こんなふうに作戦を立てた私は、早速あかねにメールを送りました。

「初めまして、こんにちは。色々と仕事とか家庭のことで大変みたいですね。私も社会人になって6年目、まだまだ未熟者ですけど、一度お話してみたいです!お酒を飲んだり美味しいものを食べたりしながら、お会いしてお話ししてみませんか?お返事いただけると嬉しいです!」

すると、あかねからすぐに返事が来ました。さすがにニートだけあって、暇なので返事が早いです。

「はじめまして。ありがとうございます。家の中で色々あって大変です。もし私でよろしければ、お会いしてもいいですよ!色々とお話ししてみたいです!」

狙い通りにニート娘が引っかかり、オフパコチャンス到来に私の胸は熱くなりました。

良い返事が来たので、すかさず私はあかねを具体的に誘いました。

「お返事ありがとうございます。お会いできると聞いてすごく嬉しいです!それでは待ち合わせ場所とか時間を決めましょうか?」

彼女が特に場所を指定しなかったので、私は時々行く洋食屋にしておきました。ここはテーブルが広いので、男女でおしゃべりするにも良いと思ったからです。

その洋食屋は地下街にあったので、お店の周辺で待ち合わせることにしました。

外で出会ったあかねを慰めて惚れさせようと企む

私が到着した時にはまだあかねは来ていませんでしたが、しばらくするとこっちに直進してくる女性がいたので、あかねだと思って私は挨拶しました。

「こんにちは」

「こんにちは」

「とりあえず中に入りましょうか」

「はい」

私たちはランチセットを頼んで話し始めました。

「日記読んだけど、なんかあんまりうまいこといってない感じするけど……」

「うん…」

「今は無職って感じ?」

「うん……」

「いろいろと考え込みすぎてるんじゃないかな。とりあえず、好きなことやってみればいいんじゃない?」

「好きなこと?」

「例えば、カラオケが好きならカラオケ屋の店員になってみるとか、本が好きだから図書館でバイトしてみるとか、人の世話をするのが好きだから福祉関係の仕事に就くとか。市役所と区役所とかでも臨時職員とかよく募集してたりするよ」

「……」

「そんな感じで、軽く考えて見ればいいんじゃない?」

「そうかもしれないね。何か少し元気出た」

こんな風にして、私はあかねの悩みや愚痴を色々と聞いてあげました。

あかねとは割と会話も弾んだので、私はあかねをさらに誘ってみました。

「だいぶ盛り上がってきたけど、もうちょっと盛り上がりたいんでお酒とか飲まない?カラオケとかどう?」

「いいよ」

あかねがOKしたので、私たちは次にカラオケ店に向かいました。

あかねに「歌ってみる?」と振ってみると、あかねはマイクを取って歌いだしました。意外にうまいのにびっくりしました。

「うまいね!よく行ってるの、カラオケ?」

「高校ん時にちょっと夢中になった時期があって……」

そして私も何曲か披露しました。

あかねはお世辞でしょうが、うまいと言ってくれました。

あかねは音楽が好きだったみたいで、私たちは音楽の話題で結構盛り上がりました。

話が盛り上がるうちに、私はお酒を勧めてどんどん飲ませました。酔わせてあかねの理性をなくしてやろうという、スケベな作戦を私は立てていました。

あかねは普段の生活でストレスをためているので、お酒をどんどん飲み出しました。

そのうち、あかねは酔っ払って私にもたれかかってきました。

私は内心「チャンス!」と思いながら「大丈夫?」と声をかけました。

「大丈夫かな……、たぶん……」

「もうちょっと広いとこでのんびりしようか?」

「広いとこ?……、いいよ」

意味わかってんのかなと思いましたが、とりあえず連れ込んだらなんとかなる、と思ってカラオケを出ました。

あかねをラブホテルに連れ込んでSEX開始!

私たちはそこからしばらく歩いてラブホテルに着きました。私は言いました。

「それじゃあここに入ろうか?」

あかねは特に嫌がりもせずすんなりとついてきたので、私は驚きました。

私は八割方断られるだろうなと思っていました。断られたらどうやって連れ込むか、と色々考えていたので、少し拍子抜けしました。

ホテルの廊下を歩きながら、この子は意外にこういうことには慣れている子なのかもしれない、と私は思いました。

そして、部屋の中に入り、それぞれシャワーを浴びた後、私たちは少し語り合いました。

「出会い系でこんな風になったことあるの?」

「ある……」

「しょっちゅうあるの?」

「しょっちゅうってことはないかもしれないけど、何度かある」

「そうなんだ」

私はあかねのタオルを解きほぐして、現れた綺麗な乳房を揉みました。

そして、乳を揉みながら、あかねにキスをしました。するとあかねも情熱的にキスを返してきました。

私はキスをしながらあかねの全身のあちこちを触りまくりました。若々しい肌がとても心地よかったです。

そしてあかねを寝転ばせ足を広げてクンニをしました。あかねは時々、軽く声を上げて感じているみたいでした。

それでそろそろ挿入しようと思って、あかねに聞いてみると、生外でいい、とあかねは言いました。

ゴム無しでラッキー!と思った私は、お言葉に甘えて生で入れさせてもらいました。

生であかねと繋がる快感をしっかり味わっているうちに、私の興奮は絶頂に達してきたので、激しく腰を振ってちんこを抜き、あかねの体に私の白いザーメンをぶっかけました。

その後はしばらくベッドでまったりした後、ホテルを出てあかねとは別れました。

その後もあかねとは仲良しになって、セフレとして時々会って無料でSEXしています。

<>h2最後に

こんな具合に、ちょっと悩みを抱えていて落ち込んでいる女の子を狙って声をかけてみれば、比較的簡単に口説き落としてワンナイトに成功したり、その後もセフレにしてタダSEXを続けることは、そんなに難しくありません。

また、女性を口説いている時のスリルも楽しいので、もう女性がいるお店なんかには行く気にもなりません。

PCMAXはポイントがただでもらえるイベントも色々とあるので、お金があまりかからない点でも、とても気に入っています。

>>>オフパコにおすすめのアプリはこちら<<<

 

-オフパコ関連記事

Copyright© オフパコ出来るアプリ5選!タダでオフパコ出来る方法教えます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.